勃起のメカニズムとは少し話がズレますので後の章で説明したいと思います

筋肉の使い方

半身筋トレ」の基本エクササイズです。実に簡単な運動ですが、筋ボケを撃退する効果は絶大です。「1分下両足で立つためにお尻の大臀筋をはじめとする抗重力筋を発達させてきました。それだけで重力に対抗する抗重力筋を強化することになるのです。したがってもともと私たち人間は、正しい姿勢で立つことは、分気をつけ」では、お尻をおおう大きな筋肉である大臀筋、背骨を安定させている脊柱起立筋、お腹の腹直筋、太ももの大腿四頭筋や大腿二頭筋、ふくらはぎの下腿三頭筋などの抗重力筋がまんべんなく鍛えられます。

勃起力は日々低下します

そのため、背すじがまっすぐ伸びてお腹がへこみ、バストとお尻はキュッと上がり、脚がスラリと伸びた美しいプロポーションになります。姿勢がよくなり、骨盤のゆがみも整えられるので、腰痛の改善と予防にもたいへん効果的です。最初のうちは、正しい姿勢を体に覚えさせるために、壁を背にして行いましょう。慣れてきたら、信号待ちの間など立っているときにいつでも行ってください。正しい姿勢が身につくと、見た目の印象もグンと若々しくなります。

 

勃起&挿入が至上のものではありません

単に体力的に外でセックスをして家でまでする余裕がないと言うのではありません。性的な関心を家庭のパートナーに持てない、または関心が薄くなってしまうのです。だから、家庭外に求めるのですけどね。家庭外に異性を求めるまでには、それなりの過程があったはずです。ですから、それが原因でセックスの頻度が減っていたり、完全なセックスレスになってしまったのであれば、単純に家庭外での異性との交流を絶てば良いと言うものではありません。

を満たせないものであったからそれを補うた。確かに、家庭内でのセックスがパートナーの希望(特に頻度だが、太り過ぎのような極端な容姿の変化、オーラルセックスなどのテクニックの不満など)めに外に目を向けたというような不貞であれば、お互いに話し合って、パートナーの希望に歩み寄る姿勢を持てば収まることもあります。家庭外での異性との関係が癖になる前ならば、それでセックスの頻度が元に戻ることもあります。また、話し合うことでセックスの内容が改善されることもあります。歩み寄りが不十分であったり、どうしても歩み寄れない場合には、家庭外に異性を求めてしまうほどに性欲が旺盛なパートナーの不貞を止ただし、相手の不貞をせめて反省を求めるだけであったり、めることはなかなか難しいでしょう。

筋肉をうまく使えるようになってきたのである
「すみません、カーツのビデオを見られるって聞いたんですが……」「はいはい、それじゃそこに座ってください、すぐ上映しますからね」なんと、石井直方先生の加圧トレーニング解説ビデオではないか。10分ほど見ていてまさに佳境に入ったその時、段の上から声がした。「お客さん説明しますからこっちに来てくだ。階まだビデオは終わっていなかったが、呼ばれたものは仕方ない。私は階段を上がるやいなや、レジの横にいる店員さんに「本当に効果があるのですか?いきなり質問を投げかけた。

カーツはその「んーん、効果ですか一概に効果といっても、どんな効果を求めるのかをはっきりさせる必要があります。目的によって、使い方を変えなければなりません。どんなことを求めていますか?なんと、色々な使い方があるようだが「そうですね、私の場合、ムキムキになるのが第一の目的です」「なるほど、カーツはそんな人にぴったりです。しかも、軽い重量のトレキログラムが持てる最大の重量だとすれば、カーツを装着した場合は二キログラム程度で同じ効果が得られるのです」不当ですか?「本当です。やったことがない人が疑うのは仕方ありません。